WEBボタン素材自動生成サイト Button Maker(ボタンメーカー)の使用方法 詳細説明

サイトを作ってアフィリエイトをやっている人にとっては、ボタン素材は欠かせませんよね?

 

今回ご紹介するのは、Button Maker(ボタンメーカー)というサイトです。

 

WEB上だけで、様々なボタンを簡単に作成する事が出来ます。

 

ボタンメーカー

http://box.aflat.com/buttonmaker/

 

 

Button Maker(ボタンメーカー)の使い方

11

 

サイトにアクセスしたら、『サイズ』タブ内の縦と横の数値を入力して下さい。

今回はよくありがちな『購入はこちらから』というボタンを作成したいと思います。

従って横長にしたい為、縦50PIX・横300PIXにしてみました。

 

 

次にボタンの色を決定します。

背景色タブ内『1』の欄内をクリックすると、カラーパレットが出てきますので好きな色を選んだらOKを押して下さい。

ここでは赤い色を選びました。

 

 

最後に右上のcreateという青いボタンをクリックして下さい。

これでボタンの作成は終了です。

こんなに簡単に作れちゃうなんて、凄くないですか?ww

 

ここから、文字を入れたり形を加工していきます。

 

22

 

 

まずはグラデーションの色と方向を決めます。

ここは必須項目ではないので、グラデーションを付けるかどうかはお任せします。

今回は説明の為に、あえて全ての項目をいじっていきます。

 

 

ここでは下方向にオレンジ色になる様に入力してみました。

pixの数字を大きくすればするほどグラデーションが強くなります。

この後の設定でも同様ですが、少し変更する度にcreateボタンを押して現状がどうなっているのかを確認しながら、微調整をしていく事をオススメします。

 

 

33

 

 

背景にラインを入れたい場合は、ラインの種類を選択して下さい。

入れたくない場合は未選択で結構です。

種類を選んだら濃さを決めます。%が高い程線が強くなります。

向きにチェックを入れるとラインが90度回転します。左右対照になる感じです。

 

 

44

 

 

次にボタンに文字入れをします。テキスト1の文字欄に好きな文字を入力して下さい。

その次にフォントを選択します。フォントについては、あまり良いものがありませんw

ここでは一番無難な(J)HGRGEを選択しました。

最後にカラー、サイズ、文字の位置を選んでください。

 

 

55

 

 

文字入れをもう一カ所入れる場合は、テキスト2に文字を入力して下さい。

各種選択方法は、上記テキスト1の時と同じです。

ここでは『クリックして下さい』という文字を右下に入れました。

 

 

66

 

 

丸い角タブを設定すると、ボタンの四隅にあるいずれかの角が丸くなります。

ここでは全ての角を丸くしたい為、位置のチェックボックス全てにレ点を入れました。

半径の数値を大きくすると、丸みが大きくなります。ある程度はっきりと分かる為、6ピクセルにしました。

 

 

77

 

 

次にタブです。僕はここは殆ど使った事はありませんが、あえて使ってみます。

まあ、縁取りみたいなものだと思って下さい。

縁取りしたい色と、場所(上下左右)を選択し太さを決定して下さい。

今回は、上と左側面の部分をピンクの縁取りにしてみました。

これを使う時は上下左右を指定して、pixを太くするのが一般的です。

 

 

88

 

 

ボタン作成においてここが一番重要です。光沢を付けるか付けないかで、見た目が大きく変わります。

付ける事をオススメします。僕がよく使うのは5と6ですかね?これはお好みで選択してみて下さい。

ここまで設定すればボタンは完成です。

 

 

99

 

 

最後に出来上がったボタンにカーソルを合わせ、右クリックを押して下さい。

そしてお好みの所に画像を保存します。

一番分かり易い、デスクトップを推奨します。

 

 

234

 

 

今回作成したボタンです。作成するのに5分もかかっていません。ちょっと右下の文字が切れて失敗していますw

いや~しかし、素晴らしい神サイトですね!

お疲れ様でした^^

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ